クレジットカードで失敗しないために

クレジットカードは単なる便利なカードではありません。
トラブルを防止して安全に使うには、いくつかのポイントがあります。

新しいカードにはまず署名を!

クレジットカードが手元に届いたら、まず一番にしなければならないことがあります。
カードの裏面に自分の名前を書くことです。
もしもクレジットカードを紛失してしまい、それが悪用されてしまったら、身に覚えのない借金を背負うことになってしまいます。

ほとんどのカードには盗難・紛失により不正使用があった場合の保険がついていますが、署名のないカードでは補償が受けられないことがあるのです
犯罪者が使ったお金を自分が払うことになるような可能性を残しておくよりも、先にしっかり署名をして、被害を防いでおきましょう。

また、携帯電話や手帳などにクレジットカード会社の緊急連絡先をメモしておくと、カードがないとわかった時点ですぐに対処することができます。

たとえ家族でもクレジットカードの貸し借りは厳禁

学生専用カードの場合、家族カードのサービスがないことが多いようです。
家族カードとは、自分が加入しているクレジットカードの規約範囲内で家族も利用できる、追加のカードのことです。
カードの名義人はそれを使用する家族の方になり、その名義人でなければカードは使えません。

過去にさまざまなトラブルが発生したことから、クレジットカード会社は家族間でもカードの貸し借りを禁止しているのです。
もちろん友人、知人に貸すのはもってのほかです。

家族や友人に自分のカードを貸した場合、そのカードは盗まれたわけではないのですから、使用金額がいくらであっても名義人に請求がきますし、名義人以外の人がカード決済の署名をすると、その時点で不正使用となり、カードを没収されます。

同じように、カードを作りたいから名義を貸して欲しいと言われても、絶対に自分の名前を貸さないようにしましょう。
多額の借金を残して相手が消えてしまうことも現実にはあるのです。

他人事ではないカード破産

カードと現金の一番の違いは、使った金額が目に見えないということです。
現金なら使えば使った分だけ財布や銀行口座から消えていくので、自分がどれだけ使ったか、残りのお金がどれくらいか、実感としてわかります。
ところがクレジットカードは先払いで、使った分が財布や口座から減っていくということはありません。
カード支払いは、現金払いよりもはるかに金銭感覚が麻痺しやすいのです。

学生用カードの場合には、一般のカードよりも利用限度額が低く設定されていることがほとんどですが、つい使い過ぎる癖があるという方は、限度額をさらに低く設定してもらうと効果的です。
海外旅行などでまとまった額を利用したい場合には、そのときだけ限度額をアップできるサービスもあります。

学生なら絶対コレ!おすすめ学生用クレジットカード

学生専用ライフカード
入会キャンペーン実施中!!ライフカード学生
カード詳細はコチラ
三井住友VISAデビュープラスカード
絶賛CM放映中!! 三井住友VISAデビュープラスカード
カード詳細はコチラ
誕生月利用分ポイント5倍 !
入会後1年間はポイント1.5倍
海外ショッピング利用5%キャッシュバック!
>>学生専用ライフカード公式サイトはこちら
学生含む18歳〜25歳まで限定カード!
一番ポイントが貯まる三井住友VISA!
実質年会費無料!お得!
>>三井住友VISAデビュープラスカード公式サイトはこちら

コンテンツ・メニュー

学生用クレジットカード