おすすめは『自分に合った』クレジットカード

学生向けカードは各カード会社から発行されています。
ほとんどが年会費無料のカードで特典も多く、どれを選べばいいか悩むところですが、使用用途を絞り込んで自分に合ったカードを選ぶと間違いがありません。

一般カードと同等以上のスペック

一般用でも楽天カードやライフカードなど、年会費無料でも十分に利用できるクレジットカードはたくさんありますが、初めてクレジットカードを作るなら、やはり学生用カードが有利です。

特に『三井住友VISAデビュープラスカード』、『MUFGイニシャルカード』などの銀行系の学生用カードでは、審査が厳しいとされる一般用カードと同等かそれ以上のスペックが用意されている上に年会費無料が無料、さらに引っ越しサービスやカラオケボックスでの割引など、学生向けのさまざまな優待特典がついています。

卒業後には一般カードに自動切り替えとなりますが、時学生の間にクレジット履歴を積めるので、新規で銀行系の一般カードに加入するよりも審査がかなり有利になります。

最初の1枚は長くつきあえるカードを

学生がカードを作る時には、ネット通販の利用や旅行などで必要にかられて加入することが多いようです。
必要な時期に間に合わせるため、急いでカードを作ることもあるようですが、申し込みからカードが手もとに届くまで時間がかかる場合もあります。
審査にかかる時間だけでなく、できれば内容を検討できるだけの余裕を持って申し込むことをおすすめします

学生カードで学生時代だけの特典を利用して、卒業後は解約し、年会費無料のカードに入り直すこともできますが、それまでに貯めてきたクレジットポイントや信用履歴が残ることを考えると、最初に長く使えるカードを選んでおいたほうが長く考えれば得になります
信用を積み重ねれば、ゴールドカードに移行するのも難しくありません。
そのカードを国内で使うのか、海外で使うのか、貯めたいのはマイルかショッピングポイントかを考えて、最初に持つクレジットカードを選びましょう。

提携ブランドの選び方

学生専用カードで選択できる国際ブランドにはVISA、Master、JCBなどがあります。
VISA、Masterの加盟店はほぼ同じで、海外でカードを利用する予定があるならこのどちらかのブランドを選ぶと良いでしょう。
国内ではやはり日本のブランドが強く、例えばディズニーランドで利用できる国際ブランドはJCBのみとなっています。

国際ブランドにはアメリカン・エキスプレスやダイナースなどもありますが、特にこだわりがない限りは、VISA、Master、JCBのどれかを選べば充分と言えます。
特にダイナースは、世界的なステイタスもサービスの質も高いのですがそれに比例して年会費も高額で、一般の学生にはあまり向かないようです。
慶応や早稲田などの大学カードでもダイナースと提携しているカードがありますが、1万円以上の年会費が必要です。
アメリカン・エキスプレスでは在学中年会費無料の学生用カードが用意されています。

学生なら絶対コレ!おすすめ学生用クレジットカード

学生専用ライフカード
入会キャンペーン実施中!!ライフカード学生
カード詳細はコチラ
三井住友VISAデビュープラスカード
絶賛CM放映中!! 三井住友VISAデビュープラスカード
カード詳細はコチラ
誕生月利用分ポイント5倍 !
入会後1年間はポイント1.5倍
海外ショッピング利用5%キャッシュバック!
>>学生専用ライフカード公式サイトはこちら
学生含む18歳〜25歳まで限定カード!
一番ポイントが貯まる三井住友VISA!
実質年会費無料!お得!
>>三井住友VISAデビュープラスカード公式サイトはこちら

コンテンツ・メニュー

学生用クレジットカード