不正利用の被害を防ぐ3つのポイント

セキュリティ

次のポイントを押さえておくと、クレジットカードを安全に使うことができます。

  • カードの貸し借りをせず、暗証番号は誰にも知られないよう管理する
  • 利用額を把握し、明細は必ずチェックする
  • カード会社のコールデスクの電話番号は控えておく
  • 特に明細のチェックはまめにしておくと間違いがありません。覚えのない請求があった場合は、すぐにカード会社に連絡しましょう。

    進歩するセキュリティ技術

    海外と比較すると日本では紙幣に対する信用が高い半面、カード犯罪に対する警戒感も非常に高く、これがカード後進国と言われるほど利用率が少ない原因になっています。

    しかし、ICカード3Dセキュアなど、ここ数年の間に新しいカード決済と防犯の技術が実用化され、浸透しつつあります。
    今後クレジットカード自体の信用度が上がり、カード犯罪のリスクが低下していくに従って、日本でも徐々にカード利用率は上がっていくでしょう。実際にカード犯罪件数は下がっています。

    技術開発が進む現在、クレジットカードはどんどん安全に、そして使いやすくなってきています。
    現金派の方でも、何かの時のために1枚は持っておくことをおすすめします。

    クレジットカード知識

    学生用クレジットカード